HOME > メンバー > Artist List_kou

AoAW Projectsにテーマを付けるとしたら,

「テーマのないプロジェクト」 決められたテーマにそって、人々が動くのではなく、テーマはひとりひとりが持っている。 それぞれのテーマに、人々が乗っかっていく。そして、それぞれの持つプロジェクトを実現していく。それがAoAW Projectsの趣旨であり理由でもある。必ずと言っていいほど、大人になるとぶつかる壁がある。それは、「夢を追い続けるか、諦めるか・・・」それは、正しい判断だろうか?壁にぶつかったとき、その壁の高さと、堅さに、諦めてしまう。壁に寄り添いながら歩くという選択肢は
果たして、いけないことなのか?僕自身は、辞めることを辞めた。仕事をもちながら、やりたい事をやってはいけないのだろうか?
テレビやメディアにもてはやされなければ、やる価値はないのだろうか?僕が今まで生きてきた中で、本当に感動した歌を聞いたのは、地下鉄の駅だった。彼は、もちろんテレビで見るような人間ではない。一般の市民だ。でも、彼は正真正銘のミュージシャンである。自分の想いを伝える手段に、場所も名誉も良いも 悪いもあるだろうか?
それに気がついた時に、辞めることを辞めた。多くの人には、夢がある。今は忘れてしまったかもしれないけど、必ずある。これから夢が出来る人もいるかもしれない。
何かを得るためには、何かを失わなければいけない・・・。こんな便利な時代になって、そんな考えはもう古い。そんな時代は既に終わった。自分の考え方次第で、やりたい事が出来る。1つでも2つでも、よくばっていい。もちろん、ひとりの力では、
無理な事もある。それなら、仲間を集めればいい。一般市民でも、ここまで出来るんだぞ!って事を、多くの人に伝えていきたい。
花を咲かせないまま、つぼみを落としてしまうような環境であるならば、違う環境に植え替えればいい。そこには、諦めかけたつぼみが、生き生きと花を咲かせている。
その環境を作るのが、AoAWProjectsの活動方針であり、唯一の共通の理念でありたい。